医学部 基礎医学生理学ⅠPhysiology I

JapaneseEnglish

研究室HP

生理学Ⅰトップ

 ニューロンの興奮性やシナプス伝達の調節メカニズムの電気生理学的な基礎研究(パッチクランプ法など)をベースに、分子生物学的(遺伝子発現解析)ならびに行動薬理学的な(脳エソロジー)手段も援用し、精神・神経疾患の病態生理理解と新規治療法開拓に取り組む。うつ病など気分障害とアルツハイマー病のモデルマウスの解析、抗うつ療法としての電気けいれんと磁気刺激の効果発現メカニズム解明、などを進めている。
 また、うつ病・アルツハイマー病のどちらも、またその合併症例をも、一気に治療できるような低侵襲・共通治療法を着想し、実用化すべく研究を続けている(特許出願済:特願2011-234026;協力企業募集中)。臨床との協力関係としては、本学神経内科と自己抗体性脳炎患者の髄液内抗体による神経病理作用の解析を、本学整形外科と脊髄損傷再生の研究を、京都大学老年医学および宇多野病院と細胞内アミロイドβ毒性の解析を進めている。実験や論文輪読会に学生数名が参加するなど、開かれた教室をめざしている。

お問い合わせ

TEL: 076-218-8102 / FAX: 076-286-3523 / Email: physiol1@kanazawa-med.ac.jp(教室)  kato@kanazawa-med.ac.jp(加藤)

所属者紹介

講座主任

  • 加藤 伸郎 6

講師

  • 小野 宗範
  • 田嶋 信義

助教

  • 内海 修

研究員

  • 劉 曉艶
  • 鄒 敬宇

主な研究業績

部門別研究業績

  • Zhang Y, Wang F, Luo X, Wang L, Sun P, Wang M, Jiang Y, Zou J, Uchiumi O, Yamamoto R, Sugai T, Yamamoto K, Kato N. (2015) Cognitive improvement by photic stimulation in a mouse model of Alzheimer’s disease. Curr Alzheimer Res 12: 860-869.
  • Wang L, Kang H, Li Y, Shui Y, Yamamoto R, Sugai T, Kato N. (2015) Cognitive recovery by chronic activation of the large-conductance calcium-activated potassium channel in a mouse model of Alzheimer’s disease. Neuropharmacology 92: 8-15.
  • Wang F, Zhang Y, Wang L, Sun P, Luo X, Ishigaki Y, Sugai T, Yamamoto R, Kato N. (2015) Improvement of spatial learning by facilitating large-conductance calcium-activated potassium channel with transcranial magnetic stimulation in Alzheimer's disease model mice. Neuropharmacology 97: 210-219.
  • Yamamoto K, Ueta Y, Wang L, Yamamoto R, Inoue N, Inokuchi K, Aiba A, Yonekura H, Kato N. (2011) Suppression of a neocortical potassium channel activity by intracellular amyloid-β and its rescue with Homer1a. J Neurosci 31: 11100-11109.
  • Sun P, Wang F-R, Wang L, Zhang Yu, Yamamoto R, Sugai T, Zhang Q, Wang Z-D, Kato N. (2011) Increase in cortical pyramidal cell excitability accompanies depression-like behavior in mice: a transcranial magnetic stimulation study. J Neurosci 31: 16464-16472.

主な外部研究資金

  • 中部先端医療開発円環コンソーシアム 橋渡し研究加速ネットワークプログラム シーズA 加藤伸郎「アルツハイマー病治療・予防のための可動式光刺激装置」(2016)
  • 科学技術振興機構 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)フィージビリティスタディ(FS)ステージ探索タイプ 加藤伸郎「光環境操作による複合的な精神神経疾患治療装置」(2011~2012)
  • (一社)日本損害保険協会/交通事故医療特定課題研究助成 加藤伸郎「頭部外傷によるアルツハイマー病の加速的進行を抑える手法の開発に向けた基礎研究」 (2012~2014)
  • 科学研究費補助金 基盤研究C 小野宗範「光遺伝学を応用した下丘聴覚神経路の音情報処理回路の解析」(2016~2018)
  • 科学研究費補助金 基盤研究C 田嶋信義「イオンチャネルを介したオメガ-3不飽和脂肪酸のアルツハイマー病脳改善作用」(2014~2016)